About TGAP
TGAPについて

講師紹介
設備紹介

帝塚山国際学園幼稚舎で子供たちが共に過ごす講師および施設についてご紹介します。
モンテッソーリ教育でも講師や施設は子供たちの能力を高めるための重要な環境とされています。


講師紹介


TGAP 講師・職員



金近 サヤカ
Sayaka Kanechika

役職:モンテッソーリ講師
資格:保育士有資格、京都モンテッソーリ教師養成コース卒業、幼稚園教諭、モンテッソーリ園勤務経験、幼稚園勤務経験
国籍:日本(鹿児島県)


中根 彰宏
Akihiro Nakane

役職:教育・進路カウンセラー
資格・経験:セントラルルーツ研究所所長、河合塾で進路指導に約20年従事。近畿大学非常勤講師、デール・カーネギーコース修了、キャリアコンサルタント取得中
国籍:日本




TGAP専門家講師

TGAP専門家講師のクラス

ミュージッククラブ・バイオリン

講師:吉川 淑子

相愛大学音楽学部卒業。在学中は定期演奏会にてコンサートミストレスを務める。第9回大阪国際音楽コンクールコンツェルト部門ファイナル入選、第7回ベーテン音楽コンクール弦楽器部門全国大会第2位、等受賞。2015年、伊VPMマスタークラスでサンタチェチーリア国立管弦楽団首席奏者に師事しディプロマ取得。 これまでに山本愛子、梅谷敬子、曽我部千恵子、漆原啓子、フランチェスコ・マナラ等の各氏に師事。現在、依頼演奏会、オーケストラの客演・指導等、幅広く活動。五嶋みどり氏率いるミュージックシェアリングのサポーティングアーティスト、日本弦楽指導者協会正会員。


マック体操教室

講師:ペトレンコ・セルギィ

マック体操クラブコーチ。ウクライナ出身。5歳から体操を始め、ナショナルチームに所属しヨーロッパ選手権で優勝するなど世界の第一線で活躍した後、21歳で現役を引退。2007年から池谷幸雄選手、米田功選手、冨田洋之選手ら多くのメダリストを輩出した体操指導の名門であるマック体操クラブ(大阪市阿倍野区)で子どもたちに体操を教えている。幼児から中学生まで選手コース、育成コースなどで子ども達を指導し、その熱血指導ぶりでも知られる一流指導者。


世界のモネットアート

講師:上坂 親俊

さまざまな人種が交わる国でアートやデザインを学びたいと思い、渡英。Kingston University London (BA) イラストレーション&アニメーション学科卒業。イタリア・ボローニャ国際絵本原画展など、さまざまなエキシビションに出展。建築やグラフィックデザイン・ファッション・写真などさまざまな科目を学ぶ。現在は、幼児向けお絵描き教室と児童向けデザイン教室を開講し芸術教育に携わると同時に、フリーランスイラストレーターとして絵本やイラスト制作の活動を行う。こうら先生の愛称で子供たちと共に絵の面白さ、完成した時の達成感をこどもたちと共有することが喜び。


書道(硬筆・毛筆)・文字

講師:松永 葩舟(はしゅう)

6歳より書道を習い、大学卒業後、都市銀行外国課融資課勤務を経て、書道の魅力に惹かれ2003年より青霄書法会講師として、大人・学生の指導、展覧会活動を開始する。上平梅径、望月虚舟に師事し、毎日書道展入選13回。青霄書法展において、毎日新聞社賞、大阪府知事賞、教育委員会賞等を受賞。書道という修練を通して、漢字、ひらがな等の様々な文字に触れ、書く面白さ、手書き作品の温かさ、美しさ、上達する喜び、充実感を感じてもらえるよう指導にあたる。現在は百人ほどの生徒を指導する青霄書法会評議員総師範。


講師:クラウディア・ペルゼル

ドイツ出身の書道講師。ドイツ語、英語、フランス語、ベトナム語、スペイン語、日本語を習得しているため、様々な国のお子様と円滑なコミュニケーションが図れるのが強み。休日には、本を読んだり、自転車に乗ったり、プールで泳いだり、料理を楽しむ。子供と一緒に書道をすることへの喜びを感じている。四季を感じる言葉など美しい日本語に触れて感性を豊かにしてほしいと指導にあたる。また、書道では、何度も同じ字を根気よく書くことで集中力や忍耐力を養うことに向いており、幼い子供のころから取り組むことに大変な意義を感じている。


裏千家茶道・マナー

講師:東 奈津子

裏千家茶道専任講師。茶名:宗奈
淡交会終身正会員。
社会人を対象とした『ゆたかなこゝろ』を育むことを目指す茶道教室を神戸・大阪で開講。日本の総合文化である茶道を通じて、日本行事やマナー、相手を敬う心などを子供たちに伝える活動を2017年より始める。いけばな遠春流の家に生まれる。2020年3月に裏千家茶道研究科卒業予定。



施設紹介


TGAPこだわりの家具

帝塚山国際学園幼稚舎では、高知県南国市の株式会社なかよしファクトリーさんが当園のために作ってくださっている、帝塚山国際学園の子ども達のためだけの特注家具を利用しています。株式会社なかよしファクトリーさんでは、子供たちのために、日本の林業の未来まで研究されながら、素晴らしい家具を作っておられます。四国から何度も来園し、モンテッソーリの考えやTGAPの教育理念についても深い理解をいただいております。 

子供たちが一流のプロの技と知恵に毎日触れ合えるように、私たちは家具にも徹底的にこだわっています。


◎素材は全て国産。四万十川の檜(ヒノキ)を使っています。

国産のヒノキの家具は、自然の温かみと優しさを子供たちに伝えます。
モンテッソーリ教具との組み合わせもよく、より高度なモンテッソーリの環境が整えられています。

◎TGAPのために作られた、一流のプロの技が光る考え抜かれた家具です。

TGAPの環境や教育内容に基づき、用途によって様々に変化する家具になっています。

一つの椅子も、体の大きさによって高さを変えて利用できたり、テーブルも3つの高さを並べて収納できたりと、用途によって様々に変化する家具の面白さは子供たちに大きな刺激と創造力を与えます。




設備・内装

子供たちが安全に、そして安心して過ごすことができる落ち着いた空間です。
限られたスペースを様々な用途に活用できるよう、工夫と知恵が詰まっています。
シンプルでありながらも、高い機能性を発揮するため、多様な活動を可能にしています。